スポンサーリンク

京都

京都名産 鞍馬京漬物 木の芽煮のおのお取り寄せ

木の芽煮(きのめだき)」のルーツは古く、牛若丸が活躍した時代、平安末期までさかのぼると言われています。

かつて鞍馬寺で修行を積んでいた牛若丸は、あけびの蔓(つる)と山椒を漬けこんだ木の芽漬けを常食にしていたと言われ、これが今の「木の芽煮(きのめだき)」のルーツとされています。

現在では、昆布、山椒の葉・実を炊きこんだものが、鞍馬の銘産「木の芽煮(きのめだき)」となっているようです。

その美味しさの原点は、造り手の想いと、鞍馬の水にあるといいます。




こちらからも京都 木の芽煮のお取り寄せが出来ます。


全国のお取り寄せ情報

全国各地のの旬のお取り寄せ商品を探すことが出来ます。


スポンサーリンク

-京都
-